スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

足湯の方法

冷え性改善にはお風呂が一番ですが、いつでもどこでも手軽にできる「足湯」でも効果的です。
お湯で足だけを温める・・・聞いたことはあるけど、どのような方法でしたら良いのか分からない、という人も多いのではないでしょうか。

まずは足湯に必要な道具をそろえましょう。
バケツ、イス、タオル、敷物、お湯をつぎ足すためのポットややかんも必要です。
その他に、湯温計があると便利です。好きな人は入浴剤を使っても良いですよ。

道具をそろえたら、バケツに40度前後のお湯を入れます。お湯の深さはふくらはぎの真ん中くらいまで、20cm程度が良いでしょう。
入浴剤を使いたい人は入れて、そのまま最低でも10分?20分程度、足をつけておきます。
足湯中は、足し湯をしながら、お湯の温度に気をつけるようにしてください。
お湯が冷めてしまうと効果がありませんので、常に40度前後を保つようにしましょう。

お湯の中で足の指や足首を動かすと、さらに血液の循環が良くなりますよ。

足湯の後は、しっかりと水分を拭き取って、すぐに靴下を履いて保温しましょう。
寝る前に足湯を行い、そのまま布団に入ってしまっても良いですね。

お湯の後片付けが面倒だし、お湯の温度を調節するのはちょっと大変そう・・と思う人も多いですよね。足湯を手軽にできる、「足湯機」というものがありますよ。
足湯機にも色々あり、マッサージ機能がついたものなどもありますが、お湯の温度を調節してくれるところが何より便利ですね。機械にまかせておけば良いので、よりリラックスできそうですよね。

海釣り 初心者 仕掛け
一人暮らし 費用
ダッジラム
スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 炭水化物ダイエット All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。