スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不正乱視

不正乱視の場合、不正乱視の角膜は表面が複雑に歪んでいる為、正乱視より矯正するのが難しいです。
屈折異常が正乱視の様に法則性がある物ではないので、不正乱視は眼鏡で矯正することが出来ません。
矯正器具で矯正するには、ハードコンタクトを装着して、角膜表面とレンズの間を水分でうめる方法により矯正する方法が効果的とされています。
これをレーシックで矯正するには、角膜表面の形を「ウェーブフロント」などのシステムにより解析し、綺麗な球面に仕上がる様に角膜を削ります。
ただ、レーシックによる矯正が向いている場合もあれば、「エピレーシック」や「PRK」が向いている場合、ハードコンタクトの方が向いている場合などもあり、必ずしもレーシックにより矯正するのが良いとは限りません。
また、最新技術を使ったレーシックを行っても、不正乱視への効果があまり見られなかったという例もあります。
不正乱視自体かなりイレギュラーな屈折異常なので、個人差が大きい為、レーシックにより効果的に矯正できるとは言い切れないので、レーシック以外の矯正方法も視野に入れる必要があります。
ちなみに、乱視があるかどうかは学校などの健康診断の視力検査では、発見することが出来ません。
その為、子供に乱視があっても、子供自身が気づかないため、乱視による悪影響を放置してしまう事になります。
勉強や本を読むなどの作業に集中力が長続きしない、頭痛がする、すぐ疲れてしまうなどの症状がある場合には、一度眼科にて検査を受けることをおすすめします。

バーニャカウダ レシピ
ファモーソ 売り切れ
潮干狩り 砂抜き
スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 炭水化物ダイエット All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。